So-net無料ブログ作成
行ってきました ブログトップ
前の10件 | -

「末法-失われた夢石庵コレクションを求めて」「岡本神草の時代」展見てきました。 [行ってきました]

8日金曜日なんですが、朝から県庁で会議があり、出ついでに細見美術館の「末法-失われた夢石庵コレクションを求めて」京都国立近代美術館の「岡本神草の時代」展を見てきました。来週は東京行きなので奈良では今年最後の休日となりますが、気になる二つの展覧会のはしごでした。

細見の「末法展」は平安貴族の末法へのかかわりと戸惑いを仏像や遺品で見せてくれましたが、最後に一つのカードを受け取って納得するという、仕掛けのある展覧会でした。
crs-s_ex056.jpg
DSCN9409.JPG


近代美術館の「岡本神草」は新館開館展のときから気になる画家で、本画の数が少ないので苦労された展示でした。久しぶりに作品解説の極端に少ない展覧会でもあります。
DSCN9391.JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寧波博物館 [行ってきました]

事前にどこか行きたいところありますか?と聞かれたので、「博物館」と答えておいたのですが、現地につくと予定に入っていると教えられました。

2008年開館。2012年にはプリツカー賞を中華人民共和国の国民として初めて受賞した中国人建築家王澍(ワン・シュー)設計。廃材の煉瓦と瓦の組み合わせで面白い建物。
2階は歴史、3階は民俗、竹工芸の展示です。
2階は 河姆渡遺跡や原始青磁、から越州窯青磁の流れが沢山展示されていました。
日本とのつながりの解説も・・般若寺や東大寺など紹介されています。
ここだと一日いてても大丈夫ですが、そうもいかないので(笑)
3階のところでは骨を模様にして彫り込む手法の工芸などもありました。
DSCN8762.JPG
DSCN8912.JPG
DSCN8766.JPG
DSCN8771.JPG
DSCN8783.JPG
DSCN8826.JPGDSCN8876.JPG
DSCN8894.JPG
DSCN8907.JPG






https://ningbo-travel.com/spot_s/ningbobouguan/
http://nagasaki-kazuhira.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-93ac.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E3%82%B8%E3%83%A5_(%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6)
https://kotobank.jp/word/%E6%B2%B3%E5%A7%86%E6%B8%A1%E9%81%BA%E8%B7%A1-46483
http://www.y-history.net/appendix/wh0203-007_2.html
https://kotobank.jp/word/%E5%8E%9F%E5%A7%8B%E9%9D%92%E7%A3%81-1311374
https://kotobank.jp/word/%E8%B6%8A%E5%B7%9E%E7%AA%AF-36798
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京国立博物館・東洋館 [行ってきました]

この日は時間がなかったので大急ぎで東京国立博物館・東洋館に。「マジカル・アジア」をテーマに。中国陶磁室は唐三彩がたくさん並んでいた。唐三彩といえば馬ですね。横川コレクションの二体が展示されていたので・・。どうしても、文様や技法に目がいってしまいますが・・・。
DSCN0196.JPG
DSCN0192.JPG
DSCN0189.JPG
DSCN0191.JPG
DSCN0193.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歌劇「ちゃもり」見てきました。 [行ってきました]

郡山城ホールでの歌劇「ちゃもりー興正菩薩叡尊異聞」を見てきました。会場いっぱいの二日目。大和郡山市民劇団古事記語り部座公演です。大和郡山の白土町出身の叡尊の事変を舞台にしていますが、まさにミュージカルの世界。音楽のサキタハヂメさんのメロディーが心地よく、後に残ってきます。叡尊さんは仮面で登場という意表の演出でしたが、忍性さんはプロのさけもとあきらさんはさすがうまい。ミュージカルの俳優さんで近年郡山にお住まいのようです。市民劇団の皆さんも大きなホール一杯声が届いていました。23日24日は近鉄アート館で行われるそうです。音楽のサキタさんは11月の天台声明にも出られるみたいですね。
DSCN0099.JPG
DSCN0100.JPG
DSCN0101.JPG
DSCN0102.JPG
DSCN0107.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良博『源信展』見てきました。明日3日まで。 [行ってきました]

あすまでの『源信展』を拝見する。高野山の阿弥陀来迎図などをゆっくり拝見。
DSCN0091.JPG
DSCN0088.JPG


出てくると博物館の庭にたくさんの警察車両。
と、思ったら白バイ先導の車列。皇太子ご夫妻がお越しですが、ピンボケ写真になってしまいましたが・・。
DSCN0094.JPG
DSCN0096.JPG
DSCN0098.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊勢参り [行ってきました]

遷宮にも出かけられなかったので、20数年ぶりの伊勢参り。両親は正月4日ごろにはお参りに行っていましたが、大体私は店番でした。父は亡くなる年の新年も参道を歩いて行ったようです。母は亡くなる3ヶ月前には大神神社にいっていましたが・・・。久々のお伊勢さんは暑い。
DSCN9967.JPG
DSCN0019.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

施餓鬼法要に行ってきました。 [行ってきました]

施餓鬼法要に行ってきました。市内の実相寺さんに浄土宗の僧の皆さんが集まられています。阿弥陀さんに背を向けた、東側を向いての法要ですね。
DSCN9852.JPG
DSCN9847.JPG
DSCN9844.JPG

終わると冷ぜんざいをいただきました。風が強く墓で線香が付きにくい。来週、7日からお盆スタートです。
DSCN9845.JPG



施餓鬼とは→「「おせがき」は、「 施餓鬼会 (せがきえ) 」「 施食会 (せじきえ) 」などといわれ、各宗派を通じて行われる仏教行事の一つです。 その由来は、『 救抜焔口餓鬼陀羅尼経 (くばつえんくがきだらにきょう) 』というお経によるといわれています。

それによると、釈尊の十大弟子の一人である 、 阿難尊者 (あなんそんじゃ) が、ひとりで瞑想している時、口から火を吐く一人の恐ろしい餓鬼があらわれ、「お前は3日後に死んで、我々と同じ恐ろしい餓鬼道に落ちる。」と言いました。恐れおののいた阿難尊者が、どうしたらそれを免れることができるかを釈尊に尋ねたところ、釈尊は、「その苦から免れたければ、三宝(仏・法・僧)に供養しなさい。また無数の餓鬼たちに食物をほどこして供養した 功徳 (くどく) により、餓鬼も救われ、その功徳によってお前も救われるだろう。」と答え、姿を消しました。

施餓鬼会 (せがきえ) は、釈尊に教えを請い、寿命を延ばすことのできた 阿難 (あなん) の説話にもとづく行事であり、その求めに応じて釈尊が示された修法が施餓鬼会のはじまりとされています。

そして餓鬼だけでなく、先祖代々や広く無縁の 諸精霊 (しょしょうれい) を供養し、また同時にみなさん自身の 福徳延寿 (ふくとくえんじゅ) を願うわけです。

ぜひこの施餓鬼会の機会に、心からお念仏を 称 (とな) え、自他ともに救われる 功徳 (くどく) を積んでいただきたいものです。

本来、施餓鬼会の期日は定められていませんが、お寺の年中行事のひとつとして、お盆の頃におこなわれることが多く、施餓鬼棚に「三界万霊牌」や初盆の戒名を記した位牌を置き、浄水や食物を供え、五如来の「施餓鬼幡」を立てて法要を営むのが習わしです。

施餓鬼会は、無縁仏や餓鬼に施しをするとともに、新亡の霊や先祖代々の諸霊を供養する法要でありますが、さらに日頃の自分自身に巣くう「餓鬼」の心を反省し、自他ともに生かされている身をしっかり受け止め、救われる功徳をお互いに積んでいくことが大切なことであります。

今日ではお盆の前後に行われることが多く、先祖追福のために、また一切の生物の霊を慰め、あわせて自分自身の 福徳延寿 (ふくとくえんじゅ) を願う法要です。
」(浄土宗のHPから )https://jodo.or.jp/event/segakie/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

興福寺天平乾漆群像と柱絵展 [行ってきました]

昨日、業界の総会。また、引き続き責任を持たされてしまいました。あと2年か・・。
DSCN9586.JPG

その前に興福寺に阿修羅などの天平乾漆群像が仮講堂で展示が行われていますので、のぞいてきましたが、修学旅行生と思しきみなさんで一杯。脱帽しない学生もいますね。ここは仮金堂と言っていたんですが、変わったみたいですね。展示は旧西金堂の再現ですね。五部浄も並べられてよかった。
ここに来ると慈恩会の竪義(りゅうぎ)を拝聴した時の会場全体の緊張感を思い出させられました。東金堂のすみに仏頭が何気なく置かれていますね。久しぶりの維摩、文殊が好きです。
6月18日まで。東金堂の共通券で900円。
DSCN9571.JPG
DSCN9578.JPG
DSCN9588.JPG
DSCN9591.JPG


もう1か所。興福寺会館で「平成の中金堂法相柱 柱会」展 奈良県出身の畠中光享さんの法相祖師像。群青がきれいですね。無著の横顔もいいですね。ここは300円。7月2日まで
DSCN9583.JPG
DSCN9598.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

唐招提寺開山忌 [行ってきました]

朝から高の原。その後、奈良工藝館の作品の入れ替え。そしてようやく昼食。
DSCN9498.JPG


その後、唐招提寺に。昨日お参りに行った妻も同行していたら、駐車場で男性が宝蔵殿の券をいただいたので、二人で鑑真さんにお参り。宝蔵殿内は左から入って、右の壁面奥に、厨子の中に静におられる。前は縄をはられて順番に拝謁。
DSCN9468.JPG
DSCN9508.JPG

鑑真廟は好きなところですが、今日は当然人が多い。東室では春日宮司の講演会中。


DSCN9505.JPG
DSCN9509.JPG
DSCN9537.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『マティスとルオー展』あべのハルカス美術館を見てきました。 [行ってきました]

あべのハルカス美術館の『マティスとルオー展』を授業の合間に見てきました。
マティスとルオーが美術学校のギュスターヴ・モロー教室からとは知りませんでした。
二人の手紙を中心に構成されていて、思わず手紙にひきつけられてしまいました。
久しぶりにルオーを多く見られました。(前回の梅原さんの展示でも少し並んでいましたが・・・)
図録が2冊で3900円はちょっと高くないでしょうか。28日まで。
DSCN9246.JPG


DSCN9243.JPG
DSCN9250.JPG
DSCN9239.JPG


https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170114/

https://www.aham.jp/exhibition/future/rouaultmatisse/
前の10件 | - 行ってきました ブログトップ