So-net無料ブログ作成
検索選択
大和路情報 ブログトップ
前の10件 | -

吉野山ロープウエーが衝突事故 [大和路情報]

4月28日、野本さんの写真展の帰りにまさに乗っていたロープウエーがオーバーランしましたが、全部席は埋まっていて、立っていた人が同じ程度。到着寸前のスピードが速いな?と思ったら地面とロープウエーの底がゴーンとぶっかって立っている人が、前座席に倒れ込んでしまいました。私は後ろ座席にいましたので、地面を擦る寸前に握り棒を持っていました。係員がドアを開けた最初の言葉が、「切符回収します」だったので、皆さんが怒っていました。

オーバーランしたロープウエー
DSCN9058.JPG

出発前の同じロープウエー
DSCN9057.JPG

抗議しているみなさん
DSCN9060.JPG


NHKニュースから
「桜の名所で知られる奈良県の吉野山のロープウエーが、ブレーキ操作のミスで停留場の設備に衝突する事故を起こしていたことが分かりました。
けが人はいませんでしたが、自動でブレーキをかける安全装置の電源が入っていなかったということで近畿運輸局は、行政処分などを検討しています。
近畿運輸局によりますと、奈良県吉野町の吉野山とふもとを結ぶロープウエーで、先月28日、営業運転中の下りのゴンドラが停留場に到着した際、所定の位置で止まらずに、鉄製の設備に衝突する事故を起こしました。
一方、上りのゴンドラも所定の位置を5メートルほど行き過ぎて木製の柵をなぎ倒して止まりました。
当時、上りのゴンドラに乗客は乗っておらず、下りには乗客15人が乗っていましたが、けが人はいなかったということです。
ロープウエーは、停留場にある運転室で操作していて、運転係がブレーキのタイミングを誤ったのが事故の原因と見られています。
さらに、所定の位置を行き過ぎた場合に自動でブレーキをかける安全装置の電源が入っていなかったということで、近畿運輸局は、重大な事故につながった可能性もあったとして、行政処分などを検討しています。
ロープウエーは現在、運休していますが、運営会社の「吉野大峯ケーブル自動車」は、ホームページでは「車両故障のため運休」と説明されています。
会社はNHKの取材に対し「ホームページに書かれていること以外にお伝えすることはありません」とコメントしています。
          
【目撃談】         
事故当時、ロープウエーの上り側の停留場の近くにいたという地元の女性は、「ドーンという地響きのような音がして、びっくりしました」と話していました。
また、下り側の停留場の近くにいた女性は、「従業員が慌てているのを見て何があったんだろうと思っていました」と話していました。
【吉野山のロープウエー】
吉野山のロープウエーは、88年前の昭和4年から運行が始まり、現存する国内最古のロープウエーとして、日本機械学会が認定する「機械遺産」にも登録されています。
吉野山のある吉野町は、「一目千本」と賞される春のサクラと、秋の紅葉の時期を中心に毎年100万人前後が訪れる観光地です。
ロープウエーは、山のふもとにある停留場と、世界遺産の金峯山寺がある中腹までの350メートルの区間で運行され観光客とともに、地元の住民も“生活の足”として利用する貴重な交通機関となっています。      

【ロープウエー運営会社】
ロープウエーを運営する奈良県吉野町の「吉野大峯ケーブル自動車」は、ロープウエーのほかに観光バスなども運行していますが、これまでに繰り返し行政処分を受けています。
近畿運輸局によりますと、おととし5月には貸し切りバスの運行管理者を選任していなかったなどとして、バス1台を65日間、使用停止にする行政処分を受けました。
ことし3月には、路線バスで理由もなく一部の便を運行しなかったり、乗務員に健康診断を受診させていなかったりしたため、バス1台を50日間、使用停止にする処分を受けています。
また、今回事故を起こしたロープウエーでも、近畿運輸局による保安監査で、乗務員を乗せずに運行していたことがわかり、おととしの10月、改善するよう指導を受けています。

【観光の影響は】
ロープウエーは、事故の後、運休になっていて、運営会社から吉野町の観光協会には、来年2月末まで運休すると連絡があったということです。
観光協会、「吉野ビジターズビューロー」の田中敏雄専務理事は、「ロープウエーは 吉野にとって観光資源でもあるので、運休が続くのは非常に痛いです」と話していました。
また、地元の旅館組合の森下圭太郎副組合長は、「会社から直接に事故の説明は一切なく、不信感を感じる。吉野に来るお客様への影響も大きいので、1日も早い運行再開を望みたい」と話していました。

【観光客の声】
大阪から訪れた70代の女性は、「ロープウエーが止まっていて、えーっという感じでした」と話していました。
また、兵庫県から訪れたという60代の女性は「ロープウエーの時刻表までメモに書いて 観光地をめぐるのを楽しみにしていたのにがっかりです。その影響で、見たいところも行けませんでした」と話していました。




http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2054022221.html

今年も第67回法隆寺夏季大学の案内がきました [大和路情報]

昼は、県の人間が来て会議。夜は社会福祉法人の会議。で、あまりしごとに集中出来なかった(笑)
DSCN9443.JPG

恒例の法隆寺夏季大学の案内が来た。去年は母が入院して行けなかったんですが、今年も7月26日の立ち上がりは水曜日なんですね・・・。1日でも行ってみようかな?
DSCN9439.JPG

http://www.horyuji.or.jp/kakidaigaku1.htm




平成29年7月26日(水)~29日(土) 【 4日間 】





法隆寺「聖徳会館」





募集人数・・・600名(満員になり次第締め切ります)





 申込資格


 満15歳以上

 真夏に行う行事ですので、平素から通院されたり持病のある方、または体力に自信のない方は 

  ご遠慮下さい。(とくに高齢者はご注意下さい)



 申込金


 会費3,000円



 申込方法



 申込用紙をプリントアウトして必要事項を記入の上、会費を添えて直接持参されるか、

  現金書留便にてお申し込み下さい。(申込みの受付は6月1日より寺務所にて行います)




 団体による申込はご遠慮下さい。


 後日、参加カード・領収書・資料(レジメ等)引換券などを郵送いたします。



 申込の取り止めについて

 開催日前日(7月25日)までに、郵送致しました参加カード・領収書・資料引換券等をご返送下さい。
  お納めいただきました会費は返金いたします。

  ただし、郵送にて返金をする場合は送料分を差し引かせていただきます。



 欠席扱いについて


 申込取り止めの手続きをされなかった場合、または会期中に受付をされなかった場合は欠席となります。


 欠席の場合は会費の返金は致しませんのでご注意下さい。


 欠席者には会期終了後、資料(レジメと聖徳誌)をお送り致します。


 欠席の場合は参加回数には入りません。



 申込先


 法隆寺夏季大学係

  〒636-0115 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

   (TEL/0745-75-2555)





≪受付 聖徳会館 東玄関≫



 7月26日(水) 《 受付時間 8:30~12:30》













08:00~08:40



【勤行および法話】 (於、聖霊院・自由参拝)

 ※直接聖霊院へお越し下さい。受付の必要はありません。





09:10~09:15
【奉告法要】 (於、聖徳会館)


09:15~10:45

【第1講】 聖徳太子 「勝鬘経義疏」 解題Ⅱ

      聖徳宗管長

      法隆寺住職                 大 野 玄 妙



11:00~12:30

【第2講】 仏像のはじまり

        - インド・中国から日本へ -

      奈良国立博物館長             松 本 伸 之



14:00~14:15

【記念撮影】 (於、中門前…雨天の場合は大講堂前)

【西院伽藍ドレンジャー放水見学】 (於、大講堂前)



14:15~16:30
【伽藍特別拝観】 ※天候等により変更することがあります。









 7月27日(木) 《 受付時間 8:30~12:15》









08:00~08:40



【勤行および法話】 (於、聖霊院)





09:00~10:30

【第3講】 法隆寺の檀像

    公益財団法人美術院

      国宝修理所理事長            西 川 杏太郎 





10:45~12:15

【第4講】 仏教で国を護る

        - 伝教大師の構想 -

      天台宗應聖寺住職

      叡山学院学監・教授           桑 谷 祐 顕



午後

【各自自由参拝】

*会期中(7月26日から29日)は、徽章の提示によって伽藍の通常拝観ができます。

*中宮寺・法起寺の参拝にあたっては、受付時に会期中のみご使用いただける参拝券

をお渡しいたします。







 7月28日(金) 《 受付時間 8:30~12:30》








08:00~08:40



【勤行および法話】 (於、聖霊院)





09:00~10:30

【第5講】 高松塚古墳石室解体十年

        - 国宝壁画の恒久保存対策を振り返る -

      独立行政法人

      国立文化財機構

      奈良文化財研究所長           松 村 恵 司




10:45~12:15
【第6講】 奈良仏教 ~伝統と修行~

      法相宗大本山

      薬師寺管主                村 上 太 胤


12:20~12:30 【5回・10回参加者表彰式】


13:30~14:15

 

 

 

【護摩供養】 (於、護摩堂 自由参拝)

 

【各自自由参拝】

*会期中(7月26日から29日)は、徽章の提示によって伽藍の通常拝観ができます。

*中宮寺・法起寺の参拝にあたっては、受付時に会期中のみご使用いただける参拝券

をお渡しいたします。







 7月29日(土) 《 受付時間 8:30~12:15》








08:00~08:40



【勤行および法話】 (於、聖霊院)





09:00~10:30

【第7講】 法隆寺壁画の模写と写真

        - 桜井香雲と田中松太郎 -

      奈良大学名誉教授

      日本学士院会員              東 野 治 之





10:45~12:15

【第8講】 念佛て何?

      極楽浄土て何?

      浄土真宗本願寺派宗会議長

      浄土真宗本願寺派信行寺住職     淺 野 弘 毅



午後

 

 

 

 

【各自自由参拝】

*会期中(7月26日から29日)は、徽章の提示によって伽藍の通常拝観ができます。

*中宮寺・法起寺の参拝にあたっては、受付時に会期中のみご使用いただける参拝券

をお渡しいたします。





   ※都合により変更することがあります。                            【敬称略】

主催 聖徳宗総本山 法 隆 寺           


後援 奈 良 交 通 株 式 会 社            





 講演中の録音および写真撮影は禁止しています。

  また携帯電話をお持ちの方は電源をお切りいただくかマナーモードにして下さい。

 会場は冷房が効きすぎる場合がございますので、各自調整できる服装でお越し下さい。

 夏季大学の趣意に反する行為または当寺が夏季大学を遂行するのに支障があると判断致しました場合は、

  会期途中を含め当夏季大学への参加を御遠慮いただくことがあります。

 遠方よりお越しの方は各自にて宿所を御手配下さい。

 駐車場はございませんので、各種公共機関を利用して、御来山下さい。



 参加申し込みに当たっては「開催の趣意」をご理解の上、お申し込み下さい

唐招提寺のうちわまき [大和路情報]

今日5月19日は唐招提寺の梵網会(うちわまき)。中興の祖覚盛上人をしのぶ法要。家人が友人と午前中行くことになったので、留守番をしていたが、帰ってきたのは4時だったので、舞楽やうちわまきを見に行くことはできなかったけれど、うちわの抽選で興福寺の多川さんのを当ててきたので、許したろうか(笑)。
DSCN9261.JPG
DSCN9262.JPG

ふつうのバージョンうちわ
DSCN9264.JPG


うちわまき→奈良観光プロモーション課のHPから「1200年頃に唐招提寺を中興した僧が、坐禅中に蚊にさされているのを見かねて弟子僧がたたこうとしたところ、「自分の血を与えるのも菩薩行である」と言ったと伝えられている。その徳をたたえ、蚊を追い払うためうちわを供えるようになったのがうちわまきの始まりである。当日は、数百本のうちわが参拝者にまかれる。うちわを授かることは、病魔退散や魔除けのご利益があるといわれている。」http://www3.pref.nara.jp/kankou/1587.htm
https://narashikanko.or.jp/event/uchiwamaki/

唐招提寺御影堂 [大和路情報]

昨日の唐招提寺本坊での写経の後、お茶をいただく。床には後桜町天皇(1762-1770在位)の仮名の般若心経が掛けられていました。上手い字です。江戸期の女帝ですと石田師がお話いただく。御影堂は一度全体を北に移動させて、基礎を直して、現状地に戻して屋根修復をされるという。今、豊田市美術館で開催中の東山さんの襖絵は美術館の照明がきれいになって、お寺で見ているのと同じようですとのお話でした。来年京都国立近代美術館と東京の新国立美術館でも公開予定だそうで、楽しみです。
DSCN8909.JPG
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E6%A1%9C%E7%94%BA%E5%A4%A9%E7%9A%87
DSCN8830.JPG
DSCN8927.JPG
DSCN8932.JPG
DSCN8960.JPG

唐招提寺の瓊花(けいか)はこれからですね。 [大和路情報]

唐招提寺に写経にうかがう。
DSCN8939.JPG

DSCN8909.JPG

唐招提寺の瓊花(けいか)はこれからですね。
DSCN8920.JPG

DSCN8923.JPG

DSCN8922.JPG

DSCN8929.JPG

横のフジもこれから。
DSCN8930.JPG

本坊隣の白フジはようやく咲いてきました。
DSCN8914.JPG

DSCN8913.JPG

写経のご褒美。
DSCN8964.JPG

奈良県美術協会展から西ノ京 [大和路情報]

朝、奈良県文化会館の「美術協会展」当番。昨年亡くなった内田善章さんの作品。
DSCN8904.JPG

DSCN8890.JPG

DSCN8900.JPG



終わって、唐招提寺に写経にうかがう。
西ノ京駅を降りると八重桜。
DSCN8956.JPG


DSCN8957.JPG

薬師寺のボタンも昨年より遅いようです。
DSCN8946.JPG
DSCN8947.JPG
DSCN8952.JPG
DSCN8890.JPG
DSCN8900.JPG

昨日はお水取り。 [大和路情報]

昨日はお水取り。
10996803_1575509145920928_4705984196816513489_n.jpg
11045348_1575509105920932_6185108261582781121_n.jpg
11071599_1575509175920925_4020419515984402644_n.jpg
11057676_1575509285920914_2141479390408344694_n.jpg
以前に撮った写真で。


いただきもの [大和路情報]

いただきもの。先日薬師寺で竪義を満行された村上定運さんの色紙。http://www.asahi.com/articles/ASJCJ5GZLJCJPOMB014.html

DSCN9093.JPG

唐招提寺観月会 [大和路情報]

恒例の唐招提寺の観月会に行ってきました。雲が多くなかなか月が顔を出さない。
DSCN0200.JPG
DSCN0199.JPG
DSCN0159.JPG
DSCN0168.JPG
DSCN0169.JPG
DSCN0189.JPG

元興寺さんから地蔵会の献灯のご依頼 [大和路情報]

今年も元興寺さんから地蔵会の献灯のご依頼いただく・・・。8月23日24日ですね。何とかふり絞らないと・・・・。
DSCN9605.JPG

JR西日本の「歴史たび」が元興寺さんですね。
DSCN9606.JPG
DSCN9607.JPG

前の10件 | - 大和路情報 ブログトップ