So-net無料ブログ作成
検索選択

吉野山ロープウエーが衝突事故 [大和路情報]

4月28日、野本さんの写真展の帰りにまさに乗っていたロープウエーがオーバーランしましたが、全部席は埋まっていて、立っていた人が同じ程度。到着寸前のスピードが速いな?と思ったら地面とロープウエーの底がゴーンとぶっかって立っている人が、前座席に倒れ込んでしまいました。私は後ろ座席にいましたので、地面を擦る寸前に握り棒を持っていました。係員がドアを開けた最初の言葉が、「切符回収します」だったので、皆さんが怒っていました。

オーバーランしたロープウエー
DSCN9058.JPG

出発前の同じロープウエー
DSCN9057.JPG

抗議しているみなさん
DSCN9060.JPG


NHKニュースから
「桜の名所で知られる奈良県の吉野山のロープウエーが、ブレーキ操作のミスで停留場の設備に衝突する事故を起こしていたことが分かりました。
けが人はいませんでしたが、自動でブレーキをかける安全装置の電源が入っていなかったということで近畿運輸局は、行政処分などを検討しています。
近畿運輸局によりますと、奈良県吉野町の吉野山とふもとを結ぶロープウエーで、先月28日、営業運転中の下りのゴンドラが停留場に到着した際、所定の位置で止まらずに、鉄製の設備に衝突する事故を起こしました。
一方、上りのゴンドラも所定の位置を5メートルほど行き過ぎて木製の柵をなぎ倒して止まりました。
当時、上りのゴンドラに乗客は乗っておらず、下りには乗客15人が乗っていましたが、けが人はいなかったということです。
ロープウエーは、停留場にある運転室で操作していて、運転係がブレーキのタイミングを誤ったのが事故の原因と見られています。
さらに、所定の位置を行き過ぎた場合に自動でブレーキをかける安全装置の電源が入っていなかったということで、近畿運輸局は、重大な事故につながった可能性もあったとして、行政処分などを検討しています。
ロープウエーは現在、運休していますが、運営会社の「吉野大峯ケーブル自動車」は、ホームページでは「車両故障のため運休」と説明されています。
会社はNHKの取材に対し「ホームページに書かれていること以外にお伝えすることはありません」とコメントしています。
          
【目撃談】         
事故当時、ロープウエーの上り側の停留場の近くにいたという地元の女性は、「ドーンという地響きのような音がして、びっくりしました」と話していました。
また、下り側の停留場の近くにいた女性は、「従業員が慌てているのを見て何があったんだろうと思っていました」と話していました。
【吉野山のロープウエー】
吉野山のロープウエーは、88年前の昭和4年から運行が始まり、現存する国内最古のロープウエーとして、日本機械学会が認定する「機械遺産」にも登録されています。
吉野山のある吉野町は、「一目千本」と賞される春のサクラと、秋の紅葉の時期を中心に毎年100万人前後が訪れる観光地です。
ロープウエーは、山のふもとにある停留場と、世界遺産の金峯山寺がある中腹までの350メートルの区間で運行され観光客とともに、地元の住民も“生活の足”として利用する貴重な交通機関となっています。      

【ロープウエー運営会社】
ロープウエーを運営する奈良県吉野町の「吉野大峯ケーブル自動車」は、ロープウエーのほかに観光バスなども運行していますが、これまでに繰り返し行政処分を受けています。
近畿運輸局によりますと、おととし5月には貸し切りバスの運行管理者を選任していなかったなどとして、バス1台を65日間、使用停止にする行政処分を受けました。
ことし3月には、路線バスで理由もなく一部の便を運行しなかったり、乗務員に健康診断を受診させていなかったりしたため、バス1台を50日間、使用停止にする処分を受けています。
また、今回事故を起こしたロープウエーでも、近畿運輸局による保安監査で、乗務員を乗せずに運行していたことがわかり、おととしの10月、改善するよう指導を受けています。

【観光の影響は】
ロープウエーは、事故の後、運休になっていて、運営会社から吉野町の観光協会には、来年2月末まで運休すると連絡があったということです。
観光協会、「吉野ビジターズビューロー」の田中敏雄専務理事は、「ロープウエーは 吉野にとって観光資源でもあるので、運休が続くのは非常に痛いです」と話していました。
また、地元の旅館組合の森下圭太郎副組合長は、「会社から直接に事故の説明は一切なく、不信感を感じる。吉野に来るお客様への影響も大きいので、1日も早い運行再開を望みたい」と話していました。

【観光客の声】
大阪から訪れた70代の女性は、「ロープウエーが止まっていて、えーっという感じでした」と話していました。
また、兵庫県から訪れたという60代の女性は「ロープウエーの時刻表までメモに書いて 観光地をめぐるのを楽しみにしていたのにがっかりです。その影響で、見たいところも行けませんでした」と話していました。




http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2054022221.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0